笑顔の宝石箱

ステージで歌って踊る彼等を生涯かけて見守りたい系女子

支えることの大切さ




明けましておめでとうございます。


本年も不束者ですが何卒宜しくお願い致します。





さて。


正式発表された11月12日から昨日12月31日まで本当にあっという間だった。


思えばあゆはぴ魂札幌2日目。有難くもチケットを譲ってもらい、飛行機に乗る前に見た朝7時のスポーツ紙の情報。



相葉雅紀 紅白単独司会。



「は?単独?」


その文字が目に入った瞬間朝からメロンソーダ啜ってた私はむせた。朝から何飲んでんねんというコメントは締め切られました。


訳が分からなくて、でも皆も同じ気持ちなのかTwitterは土曜日だというのにとにかく朝からTL大荒れ。


本当か?嘘か?東スポだぜ?

そんな気持ちのまま飛行機に搭乗。

そして、札幌について午後に正式発表。それでもまだ信じられない自分がいて、 MCで本人の口から聞いて初めて本当なんだって理解した。




12日のMC。


「メンバー全員でテレビを見てお祝いした」


メンバーは本当に相葉くんが紅白の司会になったことに対して嬉しそうにしてたけど、その時見た相葉くんの表情が焼き付いた。



「悩んで悩んで、だけど断ってあの時お受けすれば良かったと後悔するくらいならやってみようって」



紅白のお話を頂いた時の相葉くんの言葉だ。

正直、私はそのコメントがなんだか相葉くんらしくない気がした。


私の知ってる相葉くんは、少し迷ってから、引き受ける気がして。

めちゃくちゃ悩んだっていうのとその表情が引っかかった。そうして放たれた後日の言葉。



「俺がミスして嵐に傷がついたらどうしよう」



私の感じていた違和感の正体だった。



こんなにも彼にはプレッシャーという名の重圧がのしかかっていた。

今まで5人でやってきたのに、日本国民老若男女が見る紅白歌合戦、それを単独司会。

プレッシャーを感じないわけがない。


私はどこかで“相葉雅紀”という男を勘違いしていたのかもしれない。

相葉くんならできる。司会だって沢山してきた。今だって単独で冠番組を持ってる。

そう思ってたけど、芸能界のげの字も知らないド素人の私には相葉くんの気持ちは何一つ分からないんだと知った。



「最初ドッキリかと思った」と言った相葉くん。

俺なんかがやってもいいんだろうか、そもそもなんで俺なんだろうか、そんな思いが沢山あったのだろう。



それに加えて紅組の司会は有村架純ちゃん。

司会は初めての架純ちゃんと、数え切れないほど司会進行をしてバラエティに出続けている相葉くんでは経験値の差も力量も全く違うから、必然的に架純ちゃんを支える側。


相葉くんの不安は拭えないままその立場になるんだなあって思うと、経験があっても本当に心配だった。





でも、そんないちファンの心配はいらなかった。



19日のMCにて。


「俺が失敗して嵐に傷がついたらどうしよう」と考えていた相葉くんに放った二宮くんの衝撃的な言葉。




「お前ひとりじゃ嵐は傷つかねえよ」




彼に一番近い場所にいる人間は絶対的な彼の味方だった。




にののぶっきらぼうだけど、相葉くんの不安をごっそり取り除く言葉。

『失敗しても大丈夫だから。そんな心配相葉くんがしなくていいから。』

という二宮和也の想い。

滅多に弱音を吐かない相葉くんへの精一杯の支え、でも、これ以上ない言葉だと感じた。


例え相葉くんが失敗して、紅白が残念な形に終わって、所詮ジャニーズだと馬鹿にされ、嵐こんなもんかと世間に思われたって、それでいい。嵐の名前が落ちようが、そんなのは関係ない。相葉くんが司会をやることに意義がある。その結果がどうであれ、それでいい。


にのには敵わない。私も、誰もが、思ったはず。



もう一つ、年末に向けての番組や雑誌で語られる嵐5人でのトーク、個人でのトーク。

とにかくメンバーが相葉くんに対して過保護。驚いたのはその過保護筆頭が相葉くんに甘い櫻井翔でもなく、強火相葉担兼親友の二宮和也でもなく、影で優しく支えるリーダーでもなく、松本潤。これが意外だった。



形式上、相葉くん自身も嵐だが紅白歌合戦に出場する歌手は事前に司会者と面談を行う。


「面談、俺たちといる時は休憩の時間にしようね。差し入れするよ!」


とても優しい世界。ひたすら優しい世界。これ見て泣いた相葉担数知れず。


そして有言実行、実際に片手でつまんで食べれるワッフルを持ってくる4人。ケーキはフォークもお皿もいる。その点ワッフルはそのまま食べれる。凄まじい配慮。




V6やキンキやTOKIO、お兄さん達がこぞって相葉くんを応援。今まで築き上げてきた信頼と人柄のおかげだね。こんなにもたくさんの人が応援してくれていた。

よかったね、相葉くん。





紅白についてはざっくりとだけ感想を。


全体の進行としては茶番が多すぎてこれが相葉くん司会じゃ無かったら興醒めだったかな。


肝心の相葉くんの進行は所々グダってたり噛んだりしてたけど、堂々とした立ち振る舞いだったしアドリブ効かせた回ししてたし、架純ちゃんをとにかくフォローしててやっぱり凄いなあと感じた。(贔屓目)

小学生並みの感想でしか表現出来ない私をお許しください。



あれだけ練習したから「第67回NHK紅白歌合戦」は100点満点のオープニングだった。

ここで噛んでたらきっと「俺たちドームであんなに練習させてあげたのに!」ってつっこまれてたからそれはそれで面白かったはず。



V6兄さんが出てきた時はいつものいじられる後輩相葉雅紀に戻ったし、合間にメンバーが出てきた時は素の相葉雅紀に戻ったし、特に二宮和也のハーフタイムショーあれはもうただのお遊び…緊張ほぐれるよねえ。

途中いのっちが抱きしめた時の相葉くんの嬉しそうな顔ったら。


間違えたところがあったら即座に「失礼しました」って言えるのも偉い。(贔屓目)




最も印象的だったのはやはり大トリ。

緊張の糸が解けたのか、感極まってOne Loveで号泣した相葉くんを優しい笑顔で見守るメンバー。そのメンバーも泣いちゃってる。そして私も泣いてしまった。労る、労う。相葉くんよく頑張ったね。そう聞こえてきた。


全ての曲目が終わり出演者が肩を並べる結果発表の時間。

相葉くんの後ろに立つ4人は、相葉くんに様々な言葉をかけていた。音声には残っていない。だからこそ妄想が膨らむ。




最後の審査は不服だけどね、文句を言ったところで結果は覆らない、でもやっぱり相葉くんに優勝旗持って欲しかった。

嵐ファンは相葉くんに優勝旗を持たせたい一心で投票したんたけどなあ。




最後に、紅白通して特筆すべき櫻葉2つ。


1つ目、イエモンの紹介時。翔くんが来た。

イエモンの横に立ってた翔くんがイエモンがスタンバイに行った後相葉くんのお隣に。


その際、背中をポンポンしていた。


その衝撃たるや。TL大荒れでしたね。

何を想ってだろう。当事者にしかわからない。私には、


「お疲れ様、終わりはもうすぐ、もう一息だからあと少し頑張って」


があの1回のポンポンに詰まっていたと思う。


あの瞬間、翔くんは相葉くんより歳上で先輩で、一番近くで支えてるのは俺なんだって改めて見せつけられてるような気がして、一気に鳥肌が立った。

甘えることの出来ない相葉くんに、せめてもの安心感。

恐るべし櫻井翔



もう一つ、嵐が大トリで出てきた時。

架純ちゃんから紹介された相葉くんは「すいません」と何度も謝ってた。

そしてすぐさま、しかしなんともないように「謝らないで」とフォローを入れた翔くん。


どこまで優しいんだ貴方は…。

謝らないでと書いて、相葉くんが謝ることなんか何も無いんだよと読む。


ここでも安心させたかったのかな。私があの場面、相葉くんの立場に居れば翔くんのあのセリフに安心しきっていろんなもの溢れだして絶対泣いてしまう。

恐るべし櫻井翔。(2回目)




最初は本当にどうなる事かと思っていたけど、結果的に何も心配することなんか無かったね。

でも、それは決して相葉くんの力だけじゃなく、智くん、翔くん、にの、潤くん、まわりの支えがあったからだと思う。



10周年も15周年もファンをやってたおかげでアニバーサリーを祝う雑誌や番組企画を見てきたけれど、18年目にして、しかも年の瀬に、これ程支えあってなにかに向かって進んだ嵐は初めて見た気がしてなんだかとても感慨深い。


彼らは必要な時、必ずお互いがお互いを支えて生きている。それがどれほどすごい事か。

頑張って、という口だけの応援なんていくらでもできる。


仲がいいと言われる嵐だけれど、それはただの友達感覚の馴れ合いでもなく、仕事上の付き合いでもなく、相手を思いやる気持ちがあるからこそ仲がいい。

今回は相葉くんを他4人が支えていたけれど、きっとまた、どこかの場面では他のメンバーを4人が支えるのだろう。




相葉くんの成長と、嵐の暖かさが見れた素敵な年末でした。

どうかゆっくり休んでください。


心から相葉くんのファンで良かった。ファンでいられる幸せを感じることができた。最後まで笑顔でよく頑張りました。本当にお疲れ様でした。ありがとう。


きっと、今回の紅白の出来は賛否両論だろう。それでも、それを受け入れ、最後までやり遂げた相葉くんは素敵です。




去年1年間、嵐が大好きでした。


今年もきっと、嵐が大好きです。